2011年2月 3日 (木)

【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その2

こんばんは。

小田急線参宮橋駅で架線柱撮影。

Photo

小田急線は信号高配線が3相給電で、しかも全線2重化されてるみたいです。

(モデラー様ってここ来るのかな?)

閑話休題。車両工作の記述に戻ります。

Photo_3

そういえば、キワも完成してます。カワイイです。
実は後部標識灯点灯化準備はしてますが、未実施です。

さて、前回の記事で気がついた方もいるかと思いますが
完成直前のテスト画像を下に載せます。

Photo_4

デキ1030もライト点灯化してあります。

Photo_6 

1mm径の光ファイバーを通して、

Photo_7

車内にはLED用のボックスを用意

Photo_8

デコーダーと3mm径の高輝度白色LEDを
E153CRDを通して接続してあります。
真鍮車体なので、絶縁はポリイミドテープで
実施してあります。

今にして思えば、KATOのEF15から
パーツを取れば、もっとスマートに出来たかな?
とも思うのですが・・・・

本当の完成は、デコーダのCV値設定して、
走行を多少鈍くすると、古い機関車風になるのですが
次回の走行時直前にでも実施します。

では。

2011年2月 1日 (火)

【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その1

こんばんは。
表題の車両工作終了しました。

Photo

>走行テストしたところ、まぁまぁの走行性能。
>音がジャリジャリとウルサイ位。

と、以前記載しましたが、どうにも走行時に動揺が激しい。
最終的には、走行するオブジェかな?って思ってたんですが、

Ccmc

久々参加したCCMC(千葉中央鉄道模型クラブ)例会で
工作派各人に相談したところ

Photo_2

キッチン動力の片方、シリコンチューブでの接続側
ウォームギアの軸がブレているのでは?
長軸モーターで、同じウォームギヤ化すると
直るのでは?とのアドバイス。

部品調達で、悩みながら手持ち部品をあさると・・・

Photo_3

元々使用する筈だった、ワールドキット付属モーターと
ウォームギア発見。

Photo_4

さっそく元のモーターとギアを撤去して、簡単に
ワールドキット付属モーターとウォームギアをセット。

あっけなく、走行問題は解決!

まったく、毎度の事ながらガレージメーカーキットは
動力で泣かされます。。。

では。

2011年1月 3日 (月)

【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット製作

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

表題の製作も去年からの継続です。
以前、お見せした。

Photo

は、ワールド工芸・小田急デキ1030キットの車体
組み立て状態でした。

キワ90と同様に動力の台車枠は黒染めして

Photo_2

ギヤを組み込んで空回り動作テスト・・・・

Photo_3

までは、良かったのですが。。
車輪の圧入した後に

Photo_4

どうにも動きが悪い。。。。
動くには動くんですけど・・・・

このまま、続行しても良かったのですが、
何となく思い浮かんだアイディアに寄り道してます。

Photo_5

ブリル動力台車ではなくて、小田急FS動力台車を
取り付けて、

Photo_6

走行テストしたところ、まぁまぁの走行性能。
音がジャリジャリとウルサイ位。

台車の軸距離が例によって合わないのですが
走る機関車が欲しい事と、点灯化・DCC化を考えて
採用しました。さて、どうなる事やら。。。

では。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ

DCC技術参考リンク