« 【ライト点灯】アルナイン電機点灯化工作解説について | トップページ | 【ライト点灯】GM京成3700形製作(その1) »

2009年10月12日 (月)

【車両工作】GM京成3500形製作(その3)

こんばんは。

あれから、車両の屋根および車体のシルバー塗装を実施して
小物関係の手配を実施して・・・要は完成しました。

今回、試しに実施する技法として下記を実施してます。

①ミッチャクロンによる台車下地
  某巨大掲示板等で、食いつきの悪い台車用の下地として
  名前が上がっていた”ミッチャクロン”を今回、試してみました。
  http://www.teroson.co.jp/product/pro00600.shtml

  スプレーは池袋の東急ハンズで購入出来ました。

Photo

  上に塗ったのはイリサワのVカラーというソフトビニール用塗料。
  グレーに少々ブルーを混合して、それらしい色にしたつもりです。
  (それにしても、京成電車の台車の色って妙な色ですね。。。。)

  Vカラー自体も食いつきは良く、伸縮性もあるとの事らしいので
  下地の効果はどうなるのか?今後の劣化状況を見て行きたいと
  考えてます。

Photo_2

②インクジェット用デカールによる、ラインの表現
  プラモデル業界では常識らしいのですが・・・・
  http://www.k-trading.net/
  株式会社ケイトレーディングのミラクルデカールで
  車体のオレンジとブルーのラインを表現する予定でしたが大失敗。。。
  印刷があまり綺麗に出なかったので、再検討にしました。

■その後・・・・赤ラインについては西武レッドをエアブラシで塗装。
 帯表現が存在するので、割と綺麗にできました。
 青ラインについては、小田急デカール(kichieN製)の余りで表現を試みるも
 古くなってたのか接着が弱く断念。。。。

③その後の検討より、画材屋で細いテープを売っていた事を思い出して
 レモン画翠 http://www.lemon.co.jp/ にて購入。

Photo_3

Photo_4

マスキング地獄から解放されました。。かなり楽が出来てます。

とは言え、テープの耐久性には問題がありそうです。

3513  

前面ガラスは工作時子供に邪魔されたので貫通扉用がボロボロ・・・・。
3516はちょっとマシですけど、やり直すかもしれません。

3516  

3516_2

ちょっと暗くして撮影。案外良い雰囲気です。

これで、公開運転会のテーマ”千葉”の義理は果たした。。。。
と、ここで公開運転会のお知らせです。

千葉中央鉄道模型クラブ(CCMC)公開運転:

10/25(日曜日)09:30~17:00?

場所は蘇我のコミュニティーセンター(コミュニティセンタのお祭りの出し物扱いです。)
http://www.chibasogacc.com/

お時間ある方は見にきてくださいな。

では。

« 【ライト点灯】アルナイン電機点灯化工作解説について | トップページ | 【ライト点灯】GM京成3700形製作(その1) »

GM京成3500形製作・ライト点灯化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【車両工作】GM京成3500形製作(その3):

« 【ライト点灯】アルナイン電機点灯化工作解説について | トップページ | 【ライト点灯】GM京成3700形製作(その1) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ