« 【ライト点灯】GM京急2100形キットへの加工(その1) | トップページ | 【いろいろ】進捗中 »

2009年12月15日 (火)

【ライト点灯】GM京急2100形キットへの加工(その2)

こんばんは。

昨日に引き続き、ライト点灯化加工解説です。

京急2100形の後部標識灯は窓下になるので、
導光用の光ファイバーは床板に設置します。

Photo_3

ファイバが通る箇所に、1mmの穴を開けてます。
運転台後面の通路部から赤色LEDで照らす予定なので、
該当の場所から前に穴あけをします。

前面の位置決めは、2mm角プラ棒を床板に接着し、
車体を被せて穴位置をケガキして、
ファイバを通す位置に穴あけしてからファイバを通します。

ライトユニットは座席間の通路部分を利用して、
4.8mm角の四角柱(Plastruct製品)の一片を切断し、
支障部分を削って被せてあります。
こちらの遮光は台所用アルミテープで行いました。

Photo_7

赤色LEDを差し込んで、車体を被せて・・・・・

Photo_10

さて、線路からの集電ですがこれまで書いてきた過去記事を
基本は参照ください。
今回、床下の銅テープを室内に回して、
後ろから一つ目のドア前座席上に回しました。

Photo_17

これは、昨日解説の前部標識灯の導電用バネと接触して

通電を意図しています。

ここまでやって、車体を組み立ててから

Photo_29

アンテナはトレジャータウンのTTP114に交換済み。良い車両ですね~。
実車も結構好きです。割と乗る機会も多いですしね。

Photo_34

Photo_42

DCCでサウンド・・・・今のところ計画無しです。
急行表示灯(通過表示灯?)は面倒だから省略しました。

では。

« 【ライト点灯】GM京急2100形キットへの加工(その1) | トップページ | 【いろいろ】進捗中 »

GM京急2100形製作・ライト点灯化」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
>あおがま様、ブク様

次回例会に向けた工作は1mmも進んでません。
テーマは”DCCでもやってみようかい”ですけどね。

ボチボチ準備する予定ですので、よろしくです。
DCC楽しいですよ~。

では。

ども、おじゃまします。

>DCCサウンド・・・・今のところ計画無し~
う~ん、残念w

・・って、未だにDCCを上手く使いこなせない、超初心者な私が言ってちゃ駄目ですね

w(゚o゚)w続々と仕上がっていってますね!

これはまた次回の「定例会」が楽しみです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ライト点灯】GM京急2100形キットへの加工(その2):

« 【ライト点灯】GM京急2100形キットへの加工(その1) | トップページ | 【いろいろ】進捗中 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ