« 【DCC】GM名鉄1000系デコーダ搭載(その3) | トップページ | 【DCC】チップLED半田付け »

2010年1月11日 (月)

【DCC】GM名鉄1000系デコーダ搭載(その4)

こんばんは。

GM名鉄1000系DCCサウンド化工作、動力コネクタ化です。
鉄コレ動力のDCC化だけでしたら、もっと簡単に
可能なのですが、別の機会に紹介します。
(先人の皆様の知恵を拝借してるだけではありますけど。。。)

そうそう、本文内に出てこないのですが・・・
電気担当がDCCのアドレスを変更する際に
DCS50Kだと面倒なので、いつも使用している
ソフトがあるので紹介します。

こちらここを参照ください。
開発者のお許しは頂いたので、リンクも張りました。

非常に使いやすいので、お奨めです。

閑話休題。

さて、デコーダ側はピンヘッダが接続されていますが、
動力側は対応するコネクタを接続します。

Photo_2

千石電商という部品屋さんで購入した
PC用CDドライブケーブル100円位です。
同じ様なモノは自作PCパーツのある店なら買えます。

さて、コネクタの皮膜をむいて切断し、ピンを抜いて

Photo_4

Photo_5

最終的には、

Photo_8

の様にします。あまったピンやハウジングは
集めておくと同じ様に作れるので保管してあります。
電気担当は、別にピンを購入して作っちゃってます。

あとは、動力側への接続ですが、鉄コレ動力は
モータと集電板は接触で行っているので

Photo_9

2mmプラ棒と銅テープを利用して

Photo_10

モータと集電板の間に挟みこんでいます。
これなら、動力側への半田付けも実施せずに済みます。
コネクタケーブルを抜けばアナログ車へすぐ復旧。

Photo_11

Photo_12

車体側のデコーダと接続して、テスト走行して完成です。
(テスト走行画像等は撮影しわすれました。。。。)

ミュージックホーンが鳴るパノラマスーパー・・・・
ウケ狙いには、面白い車両ですね~。

次回例会で実演した時のメンバー皆様の反応が楽しみです。

では。

« 【DCC】GM名鉄1000系デコーダ搭載(その3) | トップページ | 【DCC】チップLED半田付け »

GM名鉄1000系DCCサウンド化」カテゴリの記事

コメント

あおがま様、OPP様、コメントありがとうございます。

例会で、メンバー各位には詳細説明しますね。
あと、実演ですね~。
ここの記事は、ある意味分かっている人向けの
レベルで書いてる部分があるので・・・・

誰か、参考になってる方とかいるんかいな??

では。

お手数おかけしております。
30日例会を楽しみにしております。

なんか・・・見ているだけでもすご~い(@_@;)

さすがというか・・・当日マジ楽しみです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DCC】GM名鉄1000系デコーダ搭載(その4):

« 【DCC】GM名鉄1000系デコーダ搭載(その3) | トップページ | 【DCC】チップLED半田付け »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ