« 【電子工作】赤外線ヤードの製作その2 | トップページ | 【電子工作】赤外線ヤードの製作その4 »

2010年6月28日 (月)

【電子工作】赤外線ヤードの製作その3

こんにちは。

鉄道模型におけるワイヤレスでの簡単な制御って興味を持つ方がいると
勝手に思っていたのですが・・・・いかがでしょうか?

JAMでも、このヤードに関する質問は皆無でしたしね。。
とは言え、気を取り直して解説の続きです。

ヤードのポイント転換は、結構複雑になります。

Photo

たとえば、3番線は α:反位
          A1:定位
          A2:定位
          A3:反位
の動作が必要です。

9番線の場合だと  α:定位
          β:反位
          γ:反位
          B3:反位

てな具合です。

往年の名著、鉄道模型のエレクトロニクス工作(日本放送出版協会 長真弓著)
にこれの解決回路が紹介されていて、実現させました。

Photo_2

今回、リモコンはELEKITのPU-2706を使用してるので、まずはその動作から
リモコンの”3”を押しますと、リモコン受信機のPORT3がGND(0V)となります。
すると、PORT3に接続されている5V動作リレーが動作し、COMとN.Oが接続されます。
(N.C:ノーマルクローズ 未動作時接続端子。 N.O:ノーマルオープン 動作時接続端子。)

すると電源から12Vがリレー経由でマトリクス基盤へ供給されます。
マトリクス基盤には、関連ポイントの定/反位にダイオード経由で
ポイント動作基盤のサイリスタに供給されます。

”3”ボタン押下の場合は、
          α:反位
          A1:定位
          A2:定位
          A3:反位
に12Vが供給される様にダイオードが接続されています。

ポイントマシン(プランジャ)駆動回路では、12Vを供給された側の
サイリスタが動作してポイントを駆動させて、ヤードの動作が実現しています。
(駆動回路については、その2を参照下さい。)

と、まぁ解説はここまでとなります。

鉄道模型におけるワイヤレスでの簡単な制御、例えばレイアウト内の
ギミックを動かすとか、音が出るとか、ヤードでなくて駅とか
応用(欲しい機能)ネタがあれば、実現したい!と今でも思ってます。

ネタ無いですかね。この回路の手直しとPICマイコン等々で
便利で面白い事出来ないかな~って思ってます。

では。

« 【電子工作】赤外線ヤードの製作その2 | トップページ | 【電子工作】赤外線ヤードの製作その4 »

電子工作(車両以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【電子工作】赤外線ヤードの製作その3:

« 【電子工作】赤外線ヤードの製作その2 | トップページ | 【電子工作】赤外線ヤードの製作その4 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ