« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年7月21日 (水)

【電子工作】赤外線ヤードの製作その5

こんにちは。

ヤード所有者のCCMC代表OPP氏より
追加で画像が届きましたので、さらに紹介します。

ヤード表面全体像

Photo
ヤード裏側の全体像

Photo_2
リモコン

Photo_3
まったくのテレビリモコンですね。

ELEKIT PU-2706のリモコンです。
<エレキットホームページ http://www.elekit.co.jp/

これで、番号を押下すれば関連の分岐器が一括で
転換します。便利!

さて、使用している際に一つ問題が出たので
追加した回路があります。

Photo_4

どの線路が開通しているか一目で分からなかったので
各引込線の入り口にLEDで通電表示を
設置しました。

分岐器が選択通電だったので、転換されている線のみに
通電されている事により開通線のみ点灯します。

Photo_5

当時、すでにDCCを導入していたので
通常のブリッジダイオードではなくて
高周波スイッチングダイオードのブリッジ回路と
低ドロップ3端子レギュレータで2V程度の
電圧を作って、LEDを点灯させてます。
(動く前に点灯する事を意図して低ドロップにしました。)

いまなら、CRD(定電流ダイオード)を使います。

さて、古い持ちネタ一つ終了です。

いかがでしたでしょうか?

では。

2010年7月14日 (水)

【電子工作】赤外線ヤードの製作その4

こんにちは。

ヤード所有者のCCMC代表OPP氏より画像が
届きましたので、紹介します。

Pu2706

これは、その1で紹介した
ELEKIT PU-2706の受信側基盤の画像です。
<エレキットホームページ http://www.elekit.co.jp/

ピンボケですが、赤外線の受光センサー部分は
延長して、線路側に出しています。

Photo

その3で回路について解説したマトリクス回路を中心とした
動作回路基板全体は、ボードの裏側に下の様に実装してます。

_

実はこのヤード、所有者はOPP氏で回路設計と基板は電気担当、
実装、配線はブク氏にお願いしました。

動いた時の感動と、使い勝手が大変良かった・・・のですが
そもそも、行き止まり式のヤードは入換が面倒なので
最近は出番が少なくて、ちょいと残念・・・です。

【業務連絡 OPP様向け】
リモコンの送信部の画像と、ヤードの表側・裏側の
全体が分かる画像を下さいな。

では。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ