« 【車両工作】小田急デキ1010(ワールド工芸)動力更新その1 | トップページ | 【車両工作】小田急トフ100(ワールド工芸) »

2010年11月 7日 (日)

【車両工作】小田急デキ1010(ワールド工芸)動力更新その2

おはようございます。

走行テストと、調整と仕上げをしておりました。
結果、トミーのR177を曲がる動力になったので・・・・

Photo

GM台車側面を撤去。

Photo_2

元々の台車側面を接着。

さて、勢いにのってDCC化と点灯化に入りました。
今回使用したデコーダはレンツのシルバーミニ(高い!4200円)。
手持ちでデジトラックスの汎用デコーダ(DZ-123とかDZ125とか)が
無かった事と、搭載スペースが小さい事で選択。

Photo_3

まぁ、いつか使う・・・と思って買ってあったので
寝かしておくよりはと使用したのですが、正解だったかも・・・

Dcc

アナログでの運転の時より、なんだかマイルドな走行になりました。
BEMF・PWMの設定がおそらくヨーロッパ風味なんでしょうね。
(知らんけど)

ライトはいつもの配線して

Photo_5

熱収縮チューブで遮光して

Photo_6

組み込んであります。車両側は、ライトを半田付けする際には

大目に半田を盛っておいて、穴あけして、塗装後にライトレンズを

入れてあるだけです。(タヴァサのPN-042だったかを入れた。)

Photo_7

電球色にする等の気が利いた事はまだしてませんが・・・

Img_0204

奥は参考出品、アルナインの川崎タイプデキ。
小田急風味、DCC、ライト点灯車です。
(Bトレ動力使用)

ワールドの車両の方が精密感があるようです。
あと、4軸フル動力なので牽引力があります。
貨車引かせるつもりだから、ちょっと嬉しいです。

こんな所でしょうか。。。

では。

« 【車両工作】小田急デキ1010(ワールド工芸)動力更新その1 | トップページ | 【車両工作】小田急トフ100(ワールド工芸) »

ワールド小田急デキ1010製作・動力改造」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。>ブクさん

本当はDZ125(これも小さい)でBEMFの効き目を
調整すれば走りは良くなるのでは?
・・・と考えてましたが、レンツのシルバーミニで
デフォルト設定で、おとなしい走りになりました。

アナログでの走行時は、ちょっと引っかかる感じが
ありましたけど、DCC化したら皆無になってます。

ちょいと、減速の反応が遅いですけどね。
そのうちCV値設定して直します。

お見せ出来る機会があれば、その時に詳細を
説明しますね~。

では。

ども、おじゃまします。

DCC対応させたのですね!
小さな車体にデコーダー搭載・・・どうするのかなとオモてたら、レンツ製品がありましたね。
すっかり存在を忘れてました(汗

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【車両工作】小田急デキ1010(ワールド工芸)動力更新その2:

« 【車両工作】小田急デキ1010(ワールド工芸)動力更新その1 | トップページ | 【車両工作】小田急トフ100(ワールド工芸) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ