« 【車両工作】キワ90(ワールド工芸)キット製作現状 | トップページ | 【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その1 »

2011年1月16日 (日)

【電子工作】PIC C言語での自習教材終了

こんにちは。

最近、子供からの「一緒に遊ぼう!」攻撃により
工作は停滞気味です。PCに短時間向かって出来るネタとして
マイコンなんぞボチボチ学習中でございます。

もう3年も前の話なんですが・・・・

_r

のレイアウトモジュールをTMSレイアウトコンペに出しまして。
結果は、努力賞・・・・を頂いた経験があります。

その際には、時間切れになってしまって往復運転機構は
コスミックRM(http://www.eonet.ne.jp/~cosmic-rm/
折返運転制御装置(http://www.eonet.ne.jp/~cosmic-rm/orikeshi.htm)
を購入して対応。

2列車の交互化(センサ条件によるポイント制御)
および
信号の点灯については、PIC16F84Aと秋月のアセンブラで作成しました。
http://akizukidenshi.com/catalog/default.aspx (秋月URL)

車両の実制御と、全体のプログラミングのC言語化・・・を
水面下で進めていたのですが、最近になってやっと
㈱アドウィン(http://www.adwin.com/index.html
という会社の
キットで遊ぼう電子回路 新PIC入門C言語編
http://www.adwin.com/elec/kitdeasobo/note_09.html

という教材を何とか終了させました。
理解できてない部分も多々ありますが・・・・
(元々、ソフト屋ではないので、、、)
まずは終わらせたとの事で。

Pic

早速、PWMを生で作って走行制御してみました。
モータドライバはTA8428を使用。picは16F827A。
コンパイラはPICC-Lite。

あっさり動いたので、これからいろいろと試す予定。
手持ちで試したら、12F系統で小さなPWMパワーパックでも
作りつつ、自動制御ネタを考えます。

モジュール作るかな~。考えるだけなら経費はかからないですからね。

では。

« 【車両工作】キワ90(ワールド工芸)キット製作現状 | トップページ | 【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その1 »

電子工作(車両以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【電子工作】PIC C言語での自習教材終了:

« 【車両工作】キワ90(ワールド工芸)キット製作現状 | トップページ | 【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その1 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ