« 【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その1 | トップページ | Nゲージ自動運転のためのPICマイコン制御実験 加減速 »

2011年2月 3日 (木)

【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その2

こんばんは。

小田急線参宮橋駅で架線柱撮影。

Photo

小田急線は信号高配線が3相給電で、しかも全線2重化されてるみたいです。

(モデラー様ってここ来るのかな?)

閑話休題。車両工作の記述に戻ります。

Photo_3

そういえば、キワも完成してます。カワイイです。
実は後部標識灯点灯化準備はしてますが、未実施です。

さて、前回の記事で気がついた方もいるかと思いますが
完成直前のテスト画像を下に載せます。

Photo_4

デキ1030もライト点灯化してあります。

Photo_6 

1mm径の光ファイバーを通して、

Photo_7

車内にはLED用のボックスを用意

Photo_8

デコーダーと3mm径の高輝度白色LEDを
E153CRDを通して接続してあります。
真鍮車体なので、絶縁はポリイミドテープで
実施してあります。

今にして思えば、KATOのEF15から
パーツを取れば、もっとスマートに出来たかな?
とも思うのですが・・・・

本当の完成は、デコーダのCV値設定して、
走行を多少鈍くすると、古い機関車風になるのですが
次回の走行時直前にでも実施します。

では。

« 【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その1 | トップページ | Nゲージ自動運転のためのPICマイコン制御実験 加減速 »

ワールド小田急デキ1030製作・動力改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その2:

« 【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その1 | トップページ | Nゲージ自動運転のためのPICマイコン制御実験 加減速 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ