« 【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その2 | トップページ | Nゲージ自動運転のためのPICマイコン制御実験 外部入力 »

2011年2月 9日 (水)

Nゲージ自動運転のためのPICマイコン制御実験 加減速

おはようございます。

以前、1/16に書いた、
”【電子工作】PIC C言語での自習教材終了”
続報です。

前回は、PWM(パルス制御)での固定速度走行実施が出来た
という報告でしたが、あれからどうなったのか?
で、どうなるの? という声が(ほんのちょっと)届いたので、記載します。

あと、事前の注意というか警告というか・・・・
プロの設計した回路・ソフトでは無いので、同じモノを作って燃えた・・・

等々については、自己責任でお願いします。

さて、前回記事でも使用した回路を示します。

Testcircuit01

picは16F827A。
コンパイラはPICC-Lite。
モータドライバはTA8428を使用。

何してるのか・・・は、自分用に資料作成したので

「110203test06_2.pdf」をダウンロード を参照ください。

ソースファイルは、

「test06_2.c」をダウンロード です。コンパイルして使用してください。
希望があれば、HEXファイルも公開します。

で、肝心のこの回路・ソフトの動作ですが・・・

  停止状態→段々と加速し→一定速度で走行

  →段々と減速し→停止状態

  →今度は、逆方向に同様の動作をする。。。

というモノです。

エンドレスで、この動きをする車両を眺めてるのは楽しいです。

最近は、調子の悪い車両の整備(清掃・グリスアップ)して

このプログラムで小一時間動かしておいて、

慣らし走行を自動実施する・・・という使い方をしてます。

さて、動作している動画をYouTubeでアップしてみました。

いかがでしょうか?自分で見てみましたが、

あまり面白い訳ではないです。。すみません。

では。

« 【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その2 | トップページ | Nゲージ自動運転のためのPICマイコン制御実験 外部入力 »

電子工作(車両以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nゲージ自動運転のためのPICマイコン制御実験 加減速:

« 【車両工作】小田急デキ1030(ワールド工芸)キット完成その2 | トップページ | Nゲージ自動運転のためのPICマイコン制御実験 外部入力 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ