« Nゲージ自動運転のためのPICマイコン制御実験 外部入力 | トップページ | 【全般】自宅運転会 »

2011年3月 3日 (木)

【車両工作】GM小田急1000形製作(その1)

おはようございます。

久々に、電車製作開始しました。
小田急8000形塗装済みキット製作と同時進行で、
小田急1000形塗装済みキットを作ろうかなと・・・・

110303

手持ちの3000形1次車の後4輌にするつもりです。
3000形の1次車って窓が多いので、1000形との10輌って
側面がゴチャゴチャしてて面白い・・・と実車を見て
思ってしまったので。。。

さて、今回の製作目標ですが・・・

①当然、LEDによる点灯化・DCC化。

②動力は3000形(DCC化済)に入ってるので、全T車として出場。

③小田急電鉄で5000形用として部品販売したFS375を使用する。

これまで作った小田急車(GMキットベース)でアルストムリンク台車は
GMの小田急FS台車を流用していたのですが・・・・

110303_5_gm_fs516

これは、FS516系統がモデルの様で、8000形には良いのですが
1000形のFS534系統にはあんまり似てない様な気がしてたので

110303_6__fs375

元々5000形用のFS375を履かせるとブレーキも両抱でシリンダーも
二つ付いて、良い感じ・・・・になるのでは?と考えてます。

厳密に言うと、FS375ベースで、ボルスタアンカをFS516から移植すると
完璧なんですが、走っちゃえば分からない!を合言葉に進めます。

さて、GMキットの床下を用意

110303_1gm

GM台車用のボルスタを削り取ります。

110303_2

0.5tのプラ板6.5mm×10mmをプラ用接着剤で接着し

110303_3

Φ4.5の穴あけをして

Φ4.5相当のプラ円柱を差し込んで

110303_4

出来上がりです。小田急電鉄で部品販売したFS375は
本当に台車枠だけなので、車輪・集電板・タッピングビスは
中古屋で、部品取り用にボチボチ買っていたマイクロエースの
テキトウなジャンク車両から流用しました。

110303_7

これを4輌分、8箇所実施せねば・・・・

110303_8

と、スローペースで低速進行中です。

110303_9

なかなか良い感じに仕上がってます。。。

では。

« Nゲージ自動運転のためのPICマイコン制御実験 外部入力 | トップページ | 【全般】自宅運転会 »

GM小田急1000形製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【車両工作】GM小田急1000形製作(その1):

« Nゲージ自動運転のためのPICマイコン制御実験 外部入力 | トップページ | 【全般】自宅運転会 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ