« 【点灯化】GM小田急8000と1000点灯化加工(その2) | トップページ | 【点灯化】GM小田急8000と1000点灯化加工(その4) »

2011年4月24日 (日)

【点灯化】GM小田急8000と1000点灯化加工(その3)

こんにちは。

回路について、気になる方はコメントでも頂ければ・・・
以前の記事とほぼ同様なので、ここでは省略します。

こちらの記事が参考になるかと・・・・

車体側の加工ですが、前面加工の画像を
再度掲載。

110321

こんなに広く穴を開けたのは・・・・
グリーンマックス・クロスポイント秋葉原店で
みつけた下のパーツ、

1104070510030

東武10030形の前面ガラス。
ライト部分のみ切り出して。

11040706_1050

はめ込みました。
実車と同様に、前面ツライチはガラス。
ライトはちょっと奥に設置されている
という状況が再現された・・・と自己満足。

つぎに床板の加工ですが、
床板先頭に1.2tプラ版を直角に接着します。

11042301

車体を被せて、位置を確認して
前部標識灯と後部標識灯の位置に
φ1.0の穴を空けます。

この穴にファイバーを通す事を意図しています。

で、ライトユニットの製作です。
秋月電子で購入した(というか、在庫で持ってる。)
白色サイドビューLEDと高周波ダイオード、
そして定電流ダイオードを基盤に半田付けして
回路を構成しました。

11042401led

基盤も秋月電子で購入した薄いモノです。
昼休みにフラっと行って、適当に購入したモノ。

テールライトについては、赤色チップLEDを
横倒しで半田付けして回路を構成しました。

11042402

点灯するとこんな感じ。
さて、床下に組み込みました。

11042404

11042405

デコーダからの給電にして、点灯位置確認。

11042409

11042410

成功です。
光漏れの対策をして、手すり・ワイパーを
取り付けて、完成です。

11042417

11042418

デジカメ画像だと、光が強すぎてちょっと
回り込んでる様に見えますけど、肉眼だと
良い感じに見えます。

11042416

いかがでしょうか?
8000形も同様の加工予定です。

では。

« 【点灯化】GM小田急8000と1000点灯化加工(その2) | トップページ | 【点灯化】GM小田急8000と1000点灯化加工(その4) »

GM小田急1000形・8000形ライト点灯化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【点灯化】GM小田急8000と1000点灯化加工(その3):

« 【点灯化】GM小田急8000と1000点灯化加工(その2) | トップページ | 【点灯化】GM小田急8000と1000点灯化加工(その4) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ