« 【車両工作】マイクロエース小田急5000形小工作(その3) | トップページ | 【車両工作】マイクロエース小田急5000形小工作(その5) »

2011年5月22日 (日)

【車両工作】マイクロエース小田急5000形小工作(その4)

おはようございます。

さて、5550形(小田原方先頭車)ですが、
シールドビーム化で元々のライトユニットは
そのままでは使えません。

よって、新規にライトユニットを制作です。

まずは、後部標識灯。赤色チップLED用意、

11052103_led_2

11052104_

と、点灯するユニットを準備して
元々のライトユニットより、導光パーツだけ
取り出しまして、、、

11052102_

11052105_

合わせます。
そして、点灯テスト。

11052106_

続いて、前部標識灯の準備です。

11052107_

今回は、電球色LEDを用意しました。
いつもは、秋月の安い高輝度白色ですが、
5000形に敬意を表して?
別途、購入。

11052108_

熱収縮チューブで、遮光して
φ1mmの光ファイバーを2本差込ます。
(瞬間接着剤で固定もしてます。)

11052109_

この光ファイバーをシールドビームパーツの
後ろに差込んで点灯します。

11052110_

DCC化は、

11052111_df11

手持ちの永末システムDF11デコーダ搭載で
実施します。室内灯の集電機構を利用するため
集電スプリングを半田付けしておきます。

後灯は屋根のカーブに合う様に
プラ棒で適当にガイドをつけました。

11052112_

ここまでやって、車体に組込ました。

11052113__2

まぁまぁの実装かと・・・
デコーダと接続は

11052116__2

となってます。

11052119_

11052118_

車両の細かい加工がまだですが、
ほぼ完成です。
(戸当りゴムの墨入れとか
   アンテナパーツ、信号炎管取付がまだ)

明るすぎるとの指摘をもらうんですが
永末システムのデコーダは明るさを
CV値で後日調整出来るので、
出来る限り明るく作って、後で調整と
してます。

続いて、5000形4輌加工に入ります。
(まだ、回路検討してる段階。。。)

では。

« 【車両工作】マイクロエース小田急5000形小工作(その3) | トップページ | 【車両工作】マイクロエース小田急5000形小工作(その5) »

μ小田急5000形小工作・DCCギミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【車両工作】マイクロエース小田急5000形小工作(その4):

« 【車両工作】マイクロエース小田急5000形小工作(その3) | トップページ | 【車両工作】マイクロエース小田急5000形小工作(その5) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ