« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月28日 (木)

【車両工作】鉄コレ小田急キハ5000形Nゲージ化(その2)

こんにちは。

続いて、床下の加工です。

11072801

台車のバネが当たる位置に穴あけをします。
台車を取りつけると、こんな感じ。

11072802

これで、台車が首を振ればOKです。

続いて、集電板板を銅テープで作成します。

11072803

銅テープを縦に二つ折りして両面テープで
設置します。青の座席パーツで押さえるので
少々浮いていても大丈夫。

11072804

ちゃんと導通しているか、
テスト用のLED回路点灯回路を
集電板に接続して確認します。

11072805

接触の状態を馴染ませるために、
組線路で作ったエンドレスを
この状態で、前後数時間走行させてます。

さて、サウンドデコーダの用意をします。
今回は手持ちのデジトラックスSFX-0416を
使用します。

11072806

PR2とソフトで、知り合いからもらった
spjファイルを送りこんでテストします。
(手順は、こちらを参照下さい。)

音源としては、キハ20(52)用を
もらいました。エンジンが同種なので。
タイフォンの音等は、まったく情報が無いので
そのまま使用してます。

テストでは良い音が出ました。
あとはスピーカの組み込みです。

さて、SFX-0416付属のスピーカは大きいので
Nの車体に組み込み不可能です。

11072807

上がSFX-0416付属品。下は、確かモデルランド田中
で買った小型スピーカ。
インピーダンスが8Ωで同一なので、これを
使用します。

音が出る穴を車両に用意するのですが・・・・
青の座席パーツに下向きにスピーカを取りつけて
車体をエンクロージャで想定してます。

青の座席パーツの中心部分を削って

11072808

1mm厚のプラ板を接着しました。

11072809

ここにスピーカを組み込む穴をあける予定です。
ここまでで、とりあえず時間切れ。

今週末のCCMC例会には間に合いそうにありません。

では。

2011年7月25日 (月)

【車両工作】鉄コレ小田急キハ5000形Nゲージ化(その1)

おはようございます。

テレビのアナログ放送が停波して一夜あけましたね。
あっけないもんです。裏では面倒な話がいろいろと
ありましたが・・・

さて、忙しくて、模型にまで手が回ってません。
JNMAも銀座の模型ショウも欠席。。。。
JAMは某クラブ(CCMCでは無い。)のお手伝いに
行きますけど、準備の日だけ出席になるかもしれません。

そうは言っても、(一応)小田急好きなので入手しました。
電鉄販売の小田急キハ5000形。

110725kiha01

実車を全く知りません。強いて言うなら、
初のディーゼルカー。DCC化して、
サウンド化したら面白そう・・・って事で
手を入れ始めました。

さて、車両は良い出来です。

110725kiha02

いろいろと言う人もいるみたいですけど、、、、
(某掲示板あたりで・・・良く知りません。)

110725kiha03

ちょいと細いかな?

真鍮キット組むとか、関東鉄道キハから
切り継ぐ事を考えれば、
あの値段で万々歳では?と思います。

ところで、実車を知らないので
向きとかが良く分かりません。

鉄道ピクトリアルの小田急特集を熟読して、
ボディはジャンパ栓受ありが新宿寄り。
車内もトイレは新宿寄り設置。
床下は、山側・海側同一構成。

って所までは判明しました。

御殿場寄りを5001形(サウンド)
新宿寄りを5002形(動力)としました。

さて、5001形は集電加工をする必要があります。
いつもの加工を実施します。

まずは、台車に穴あけして

110725kiha04

トミックスの集電板を取りつけます。

110725kiha05

穴はバネを通します。

110725kiha06

台車側の加工はこれで終了。
次は、床下の加工です。
時間が取れたら、実施予定。

では。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ