« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年11月23日 (金)

【電子工作】自分用ヤード 制御組み込み⑤

こんにちは。

完成報告です。

まずは、マトリックス回路製作。

Photo


何回目か忘れましたけど、修正入れてます。

20111120

ボード下に組み込んで。

Photo_2

仮配線で、動作を確認。意図した通りの動作をしました。

自己満足!

Photo_3

てな訳で、完成です。

Photo_4

ペアになるボードも、気が向いたら製作します。
早速、運転したいんですが、仕事がバタバタで・・・
明日の例会も欠席だし。。

使ってもらってナンボなんで、運転会がしたい。。。

誰か、使いませんか?

では。

2012年11月18日 (日)

【電子工作】自分用ヤード 制御組み込み④

こんばんは。

あれから、準備工事をノンビリとしてました。

フィーダの取口を加工して

02


フィーダ線を準備して

01


フィーダ線を接続して・・・・

03


ポイント駆動回路を実装して、接続、テスト

04


赤外線受光器部分を実装して

05


あとは、マトリックス回路
(一部訂正を入れました。)

20111118


を製作して、実装・接続すれば完成です。

06


近日、完成報告が出来ると思います。

では。

2012年11月 4日 (日)

【電子工作】自分用ヤード 制御組み込み③

こんばんは。

ポイント駆動回路と、フィーダの接続回路が
完成してます。

20121104

設計して、ちょっと作って、検討して、
設計して、ちょっと作って、、、なので
手が遅いです。。。

これで、あとは、マトリックス回路を作って
接続すれば出来る・・・訳ではなくて、
ボードの裏へ実装を考えないと、
うまく接続出来ないと思ってます。

要は、もうちょっとかかります。

さて、マトリックス回路ですが
まずは動作表を書いて、論理を確認します。

20121031_2
何の表かと言うと、リモコンボタン押下番号と
動作を記述したモノです。

20121030_2
何度も出てきますが、配線図を見ながら・・・・

例えば、、リモコンのボタン5を押下の際には
 P1:定位
 P2:定位
 P3:反位
の動作という事を示してます。

T10だと、機関車引き上げなので
 P9:定位(通常の本線からの接続時は反位)
 P10:定位

 IN1=IN2接続リレー:接続(本線から電源供給)
という動作になります。

各リレーのS接点、R接点はGNDに落とすと動作です。
さらに、リモコン受光に使用するVM122という
製品は、各端子がオープンコレクタ出力なので・・・・

20121102
という回路を、受光回路と駆動回路の間に入れれば
動作が実現出来る・・・という按配です。

マイコンで論理組んだら、楽と思いますけど、、、

誰か、参考に作る人がいたら良いなと思って、

簡便?な方法を取ってます。

読んでる方がいるんか?この記事・・・・

では。

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ