« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月28日 (日)

【地面】1200mm鉄橋モジュール(その2)

おはようございます。
ちょっと前の休日に取材を兼ねて、カメラと散歩。
 

01

 

02

多摩川橋梁で、ちょいと取材。
橋脚の画像をパチパチと・・・
03
百合丘で、テクノインスペクターを
見て。
04
 

05

最後に、相模川の橋を厚木駅から見て、
カメラが電池切れしました。
 

06

さて、ちょっと質問受けた件ですが、
>鉄橋端部の線路取り付け部を、上記工具で
>スライスする用に切断して
 

07

こんな感じの作業です。
で、現状ですが・・・
08
09
 

10

 

11

橋脚と堤防部分の製作が、当面の目標です。
 

12

13
では。

2013年4月 7日 (日)

【地面】1200mm鉄橋モジュール(その1)

こんばんは。
月1回は、何とか更新したいんですけど
ブログ書くより、工作時間捻出・・・と
なってて、すみません。
以前の記事で、フローベルデの曲弦トラスを
製作中との話をしましたが、
表題の通りで、鉄橋モジュールが作りたくて
製作してました。
フローベルデの曲弦トラスは良いキットですけど
時間的制約とか、パンタグラフのクリアランスとか
考えると・・・・
01
結局、トミックスの曲弦トラスを購入。
単線トラスは、お蔵入りしてます。
ボードは、トミックスのコンビネーションボード
600mm×300mmを2枚、ボルト接続で1200mm化。
(最終的には、接着・金具補強を考え中。)
03
ボードの端部は、他のモジュール接続のために
板を取り付けて、100mmの高さとしてます。
04
さて、鉄橋ですがトミックス製なので
37mmの複線間隔です。
 

06_0

CCMC(千葉中央鉄道模型クラブ)で使用している規格は
KATO規格の33mmの複線間隔ですので、加工が必要です。
02
まずは、トラス鉄橋を分解。
HYPER CUT SAWの鉄道模型用を使用して
06_1
加工時の詳細画像が無くてすみませんが、
鉄橋端部の線路取り付け部を、上記工具で
スライスする用に切断して、1.5mmほど
内側に再度接着しました。
07
画像では、分かりにくいですね。
ちょっと内側に寄せてます。
あと、線路の取り付けビスのビス穴も
08
09
エポキシパテで埋めて、ちょっと内側に
再度穴あけしました。
ここまでの加工で複線間隔を35mm以下に
してあります。
(tomixもKATOも接続できる間隔にしました。)
仮の橋台、橋脚を置いて
10
KATOのスライドレールで、33mm間隔に馴染ませ接続を
してみて、
11kato
問題なさそうです。
トラスをもう1つ、加工してテスト走行できたら
(風景工作等々)先に進めそうです。
では。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ