« 【往復運転装置】その1 動作用の周辺回路 | トップページ | 【往復運転装置】その3 PIC16F627A プログラム »

2013年11月11日 (月)

【往復運転装置】その2 PIC16F627A 接続

こんにちは。

PICマイコンおよび、そのC言語については
多少ご存じの方向けになります。
プログラム・コーディング・書き込み等々は
ネット内に沢山存在しますので・・・。
詳しい説明は省略します。

で、今回はPIC16F627Aを使用します。

9_pic16f627a


こんな奴です。
18ピンのICです。小さいけど高機能。
マイコンですよ。ビックリですね。120円位。
テプラは、自分で貼付けました。型番の印刷が
良く見えないんですよ。。。。

さて、ピンアサインと今回の入出力機能については、

pdf④
「20131110_4.pdf」をダウンロード


に解説してます。

さて、回路はブレッドボードも使用して

10_

の様に接続してます。

プログラムについてさておいて、動作は

youtubeにアップしてみました。

往復運転って、眺めてるだけでも楽しくて
お勧めです。
次回、ソースファイルを記事にします。

では。

« 【往復運転装置】その1 動作用の周辺回路 | トップページ | 【往復運転装置】その3 PIC16F627A プログラム »

電子工作(車両以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【往復運転装置】その2 PIC16F627A 接続:

« 【往復運転装置】その1 動作用の周辺回路 | トップページ | 【往復運転装置】その3 PIC16F627A プログラム »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ