« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月29日 (土)

【DCC関連】営団6000系DCC化 その3

こんにちは。

春休みで、一人暮らしなのでプールとジムと飲み会と
鉄道模型工作(もちろん、日中は仕事してますが。)
に明け暮れております。(って程の事は無いか。)

さて、6000系ですが仕上げに入りました。

前面床下ですが、適当に機器箱をつけて

21__2

スカスカ感を減らしました。
実車を(表参道に)見に行ったんですが、
良く見えなかったので、雰囲気です。

んで、パンタ含めてグレーを吹いてます。

22_

床下はニュートラルグレー、パンタは明灰色です。

さて、エラーのMマーク

23_m

ですが、いつ?どこで?買ったか失念した
下のシートを貼り付けて、

24_

GMのSマークデカールを貼り付け。

25_s

イマイチですね。。。

さて、色差し終了後に、DCC設定。
アドレス入れて、最高速度を抑えて
加減速をちょいと鈍くして低速走行が
出来る様にします。

26_dcc

出来上がりました。

27__2

JRアンテナに明灰色(ツヤ消し)
小田急アンテナにミディアムブルーを入れてます。

パンタの摺り板にカッパー、
舟の端っこに黄色を入れました。

点灯状態は、下の様な状況です。

28__2

29__2

なんか盛り上がってきたので、珍しく
次に着手します。

では。

2014年3月24日 (月)

【DCC関連】営団6000系DCC化 その2

こんばんは。

例によって、ライトの明るさに納得がいかないので
改造にかかります。

今回、使用するのはモデルシーダーの

11_led

です。チップLEDの配線半田付けは
正直歩留まりが悪い(失敗が多い)ので
今後は、この手のパーツの活用しなくては・・・
(まだ、老眼とは言いたく無い。)


さて、分かり辛いとは思いますが、
チップLEDを組込んだ状態です。
固定は、黒い瞬間接着剤を使用してます。

12_

点灯テスト!

13_

これまでのノウハウで、アチコチ遮光して
仕上げます。

さて、本題の動力DCC化

14_

今回は、フライホイール車なのでモータ交換等
実施しないで、そのまま配線。

15_

モータの接点部分に穴あけしておきます。

ポリウレタン線と銅テープを用意して、
16_
17_

下図の様な接点配線を準備して

18_

動力内の銅板へ挟み込みます。

19_

これで、線路側からの集電はOK。
KATOのEM13デコーダを直接半田付けして

20_em13

DCC化は完了。

あとは、修正とか色差しとか、軽く仕上げて
終了します。

では。

2014年3月22日 (土)

【DCC関連】営団6000系DCC化 その1

こんにちは。
ご無沙汰しております。

以前、割と安く入手したこの車両。

01_trta6000

小さい頃(30年位前って事に愕然とする。)、
未来の車両然としたスタイルに憧れがありました。
10輌セットにした前オーナーも大事にしてたかな?

02_trta6000

ん?

03_m

良く見たら、1輌がMマークのエラー。。。
だから、安かったのかな。
ステッカー等々で直せる範囲だから、ラッキーと
思う事にします。

様々指摘されている様ですが、前面の連結器位置と
スカスカ感の対応から実施します。
(RMM170 2009-10を参照下さい。)

分解して、

04_

床下側の一部(赤く塗った箇所)削って

05_

ダミーカプラーも、こんな形にいろいろと切断

06_

他にも、当たる場所をあちこち削ってますが、
連結器位置修正は終了。

07_

さて、DCC化する前に例によって、前部標識灯と
後部標識灯が暗いので対応するんですが、
次回記事にします。

では。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ