« 【DCC関連】小田急9000形DCC化 その4 | トップページ | 【DCC関連】小田急30000形EXE DCC化 その1 »

2014年5月10日 (土)

【自作ポイントマシン】思いつきで製作。。

こんばんは。

3列車交互運転の実験線路ですが、線路は相変わらず
引きっぱなしです。

ちょいと、建物置いたりしてます。

Photo_3

で、長時間運転してる(放っておくとも言う。)と
いろいろと事故が発生します。
一つは、センサの未検出(稀です。)
もう一つは、分岐器不転換です。

分岐に関しては、コンデンサの充放電時に
電源電圧が落ちるみたいで、PICマイコンに
リセットがかかる事による事故もあります。

さて、いろいろとサイトを眺めていて、
スローアクションポイントマシンで転換したら
良いのでは?とか思いついちゃいました。
(調べたら、実施されている方が居られました。
  参考にさせて頂いております。m(_ _)m

Photo_4

タミヤのギアボックスなんぞ買ってきて、

Photo_6

製作。

Photo_7

出来上がり。

本日、ボード下にいれてみました。

Photo_8

Photo_10

ちょいとウルサイですが、動きは確実です。
あと、電源をマイコン側と分離したので
事故も無くなるのでは?と思ってます。

さて、次の不具合対応まで
長期デバックと称して、
延々と試運転します。

では。


« 【DCC関連】小田急9000形DCC化 その4 | トップページ | 【DCC関連】小田急30000形EXE DCC化 その1 »

電子工作(車両以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【自作ポイントマシン】思いつきで製作。。:

« 【DCC関連】小田急9000形DCC化 その4 | トップページ | 【DCC関連】小田急30000形EXE DCC化 その1 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ