« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月 9日 (月)

【DCC関連】小田急30000形EXE DCC化 その4

こんばんは。

さて、やっと動力車のDCC化です。

Photo

途中経過の撮影を失念しました。。。
今回、EM13デコーダの腕部分を
切断して、出力デバイスからモータへ
接続しました。
占有場所を小さくしたかったので。。。

Photo_2

室内灯を組み込む前にアドレス他の設定実施。

Photo_3

走行確認も実施して、終了!

Photo_4

デコーダも目立たなくなってます。
これで終了なんですけど、、、

参考に30253形(新宿方先頭車)の
ライトユニットの基盤とプリズム加工状態を
↓に示します。

Photo_5

そして点灯状態↓

Photo_6

Photo_7

では。

2014年6月 7日 (土)

【DCC関連】小田急30000形EXE DCC化 その3

おはようございます。

ちょいと、資格試験等々あったので
工作は停滞気味でした。

さて、ライト工作関連の続きです。
小田原側先頭車(30553形)の元々の
ライトLEDを撤去します。

Photo

分解して

Photo_2

LEDのみ撤去

Photo_3

組み立てて、遮光テープで塞ぎます。

Photo_4

もちろん、DCC化しますので

Photo_5

いつものデコーダ用意。

Photo_6

デコーダはデッキ内に納めています。

ここまで実施して点灯してみました。


Photo_7

Photo_8

実車を見に行った時に、運転室越しに
客室が割りと良く見えたので、
それが再現できたかと。。。

ちょっと両面テープ固定箇所が多くて、
調整について、イマイチですが
次に進みます。

では。

2014年6月 1日 (日)

【DCC関連】小田急30000形EXE DCC化 その2

こんばんは。

さて、例によってヘッドライト・テールライトを
高輝度化します。

Photo

分解。

ライト基盤はチップ部品で現物合わせで製作。
ライトプリズムについても加工。

Photo_2

組み合わせるとこんな感じ。

Photo_3

点灯テスト

Photo_4

ちょいと暗いかな。。。
特に、前灯。
プリズムの屈曲部での導光がイマイチと判断し。

Photo_5

エスカのφ1にて

Photo_6

プリズムを置換しました。
このあと、アチコチ遮光テープで巻いて。

Photo_7

ほぼ、納得の光量。
画像では分かりにくいですが、
光漏れも減りました。

Photo_8

テールライトはこんな感じに光ります。
これで、運転室から客室がシースルーに
出来そうな雰囲気。

では。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ