« 【全般】バラスト撒布後初運転 | トップページ | 【地面】背景画の設置を試行 »

2014年11月 1日 (土)

【車輌工作】小田急2400形 連結間隔短縮

おはようございます。

今日のネタはNゲージマガジンのNO.60内
Nゲージャーズサロンの記事を試したって話です。
(”GM製車輌のカプラーを交換する”って記事。)

涼しくなってきて、ヤード工作も終わって
(所定の場所に仕舞って。。。)
次は車輌工作するかと、届いたMSEとSSEを
眺めつつ(あさぎり DCC化コンプリート?)、
HE車とFM車をボチボチと工作&停滞してました。

特に、HE車(小田急2400形)の連結間隔問題
について、解決策が出なくて、ノートに
”検討中”のままでいました。

先日、模型屋で、

Photo

こんなの見つけて、早速購入。
(ここで、上記のNマガ記事となる。)
取り急ぎ、厚めの強力両面テープで仮止め。

Photo_2

連結してみると

Photo_3

成功です。走行テストも問題無し。
一部、ボディにあたる部分についてカプラー側を
削る必要がありますが、ほぼそのままで大丈夫です。
(そのうち、ビス止めします。)

HE車とFM車って、愛嬌ありますね。
(FM車とは2200形他の事ね。)

Photo_4

実は、実車は乗車経験どころか見たことも
ありません。

Photo_5

でも、昭和の初期高性能車で、良い車輌感が
ありますね。

では。

« 【全般】バラスト撒布後初運転 | トップページ | 【地面】背景画の設置を試行 »

車両工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【車輌工作】小田急2400形 連結間隔短縮:

« 【全般】バラスト撒布後初運転 | トップページ | 【地面】背景画の設置を試行 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ