« 【電子工作】案件発生その3 | トップページ | 公開運転会情報 »

2016年9月29日 (木)

【電子工作】案件発生その4

こんばんは。

今回の実証実験で、ポイント回路については
この記事にpdfで回路等出しておりますので、参考までに。

さて、プログラムですが・・・・こちらです。
「20160925switchback02.txt」をダウンロード

結構コメント入れてますので、不明な点があれば
(拓さんに限らず。)ブログのコメントにでも
質問いただければと思います。

あと、拓さんの使用するセンサでのプログラムを作るとしたら
どうしたら良いかも、今後は検討します。
フォトリフレクタを使用する場合の特徴としては、
通電してない線路上の車輌も検出してしまう事です。
(これは、欠点ではありません。)

トミックスのセンサは通電してる線路のみで反応します。
これを利用して、今回のプログラムではtoggleコマンドを
多用してます。(PICAXEのHP参照。英文です。泣。。。)

あと、トミックスのスプリングポイント特性も利用してます。
(つまり、他の会社製のポイントだと支障がでます。)

今後の展開なんですが、上にも書いた

・センサの種類に依存しないプログラム化
 および
・ポイントマシンのサーボモータ使用
 および
・トミックス製以外のポイント対応
 および
・運転速度のボリュームによる設定化

ですかね。。。
サーボモータ化すると、多少動きが悪いポイントも
使用できるので・・・・スローアクション化も・・・・
お好みですが、いかがですか?>拓さん

他にも自動運転のネタは、ボチボチ募集中です。

では。

« 【電子工作】案件発生その3 | トップページ | 公開運転会情報 »

電子工作(車両以外)」カテゴリの記事

コメント

MECYさん、こんばんは。

DCCfestにも参加させて頂きましたよ。

上期になったら、DCC推進しようと考え中なので
DCC電子工作連合の各位の情報を読んで
研究するつもりでした。

では~。

通りすがりのものです。
DCC で自動運転などをやってます。
お時間ある時に覗きに来て下さい。

http://desktopstation.net/tmi/

こんばんは。拓さん。

2種類の車輌性能が大きく違う場合の
プログラムを今は考え中です。

プログラムが専門って訳では無いので
ボチボチやってます。
出来たら、報告しますね。

一つは、車輌毎のサブルーチンを作って
パラメータも分けちゃうってやり方。
(車輌は固定)

あとは、ちょっと暖めてた考え方が
実現出来るのか・・・・というやり方。
これは、センサが増えるのでデバイスも
変わっちゃいますけどね。

期待せずにお待ち下さい。

こんばんは~

技術情報ありがとうございます!
すごく読みやすいプログラム、勉強になります。
ピン数が違うために読みかえる部分がありますが、
とても参考になります。

センサーの違いによる動作の違いを検証しつつ、
プログラムを組み替えて完成に持っていければと
思っています。

ポイントのスローアクション化、いいですね~!
今回は、地下部分でほとんど見えないのと、
サーボが逃げる空間が狭いので断念ですが、
良く見える部分でゆっくり変わるポイント、良いですね。

速度の調整は、MaxSpeedの値をボリュームの
変数から読み込めば、なんとかなるかもですね。
通常運転よりも、停止位置調整の検証時に
役に立つかもです。

色々とヒント(というか正解)を教えていただいて
本当にありがとうございます!
今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【電子工作】案件発生その3 | トップページ | 公開運転会情報 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ

DCC技術参考リンク