2011年9月11日 (日)

【車両工作】鉄コレ小田急キハ5000形Nゲージ化(その9)

こんにちは。

仕上げ工作して、完成しました。
正確には、DCCアドレス設定と
動力動作設定(CV値)が残ってますが・・・

さて、キハ5000形の御殿場方には
貫通ホロが付いていた様ですので
手持ちの部品を探しました。

11091101

KATOのASSYパーツで19-0133ホロ(グレー)
という部品を在庫していたので、使用。

11091102

裏のボス・渡り板等々を撤去して塗装します。
GMカラー5 クリーム1号が近似色でした。
最初は筆で塗ったのですが、色乗りが
悪かったので、ミッチャクロンで下地を作って
エアブラシでの塗装となってます。

ホロをつけるとこんな感じです。

11091106

ちょっと無骨になったかな?
雰囲気は出たと思ってます。

御殿場方がホロなら、新宿方はジャンパです。

11091103

アルファモデルのNo231を使用しました。
ホロと一緒に、クリーム1号を塗装して
ケーブル部分を筆で、黒を入れました。

ジャンパケーブルを付けるとこんな感じ。

11091107

11091108

こちらも、雰囲気が出たと思ってます。

さて、あとは鉄コレのプラ風味を消して
シールを貼れば・・・

11091104

台車はツヤ消しのニュートラルグレーを

11091105

屋根と床下機器はツヤ消しのジャーマングレーを
塗装して落ち着かせています。

シールを貼ったら出来上がり!

11091109

御殿場方5001形を”朝霧”御殿場行き
新宿方5002形を”銀嶺”新宿行き と
しました。

11091110

いかがでしょうか?

ちなみに、動画もアップしてみました。
こちらです。

タイフォン鳴らすの忘れました。

その4、その5の記事も参照下さい。

それにしても、時間がかかった。。。
検討に手間取っただけですが・・・

では。

2011年9月10日 (土)

【車両工作】鉄コレ小田急キハ5000形Nゲージ化(その8)

こんにちは。

前灯点灯化実施しました。
M・T車とも同様の工作となります。

車両の屋根をとります。

11091001

今回も、三菱レイヨンのエスカという
光ファイバを使用しました。

11091002

T車の後灯の工作と同様に、LEDの
ケースをプラ角パイプで作って、
天井に接着して、ファイバを差し込みます。

11091003

11091004

上が、M車(5002形)
下が、T車(5001形)です。

ライトを外から見ると、

11091005

前灯はφ1.5のファイバを使用しました。
通過表示灯はφ1.0ファイバを、ちょっと
炙って細く加工したファイバを差し込んでいます。

LEDは、φ3.0の電球色を使用してます。

11091006led

LEDの配線側にはエポキシパテを盛ってます。
これは、ライトユニットに差し込んだ際に
配線側から光が漏れるのを防ぐためです。

11091007

11091008

デコーダと接続して、

11091009

車体と組み合わせて、点灯状態を確認します。
光漏れがある箇所には、アルミテープ等で
遮光します。

11091012

11091013

ずいぶんと、ノンビリの進捗でしたが
前灯・後灯の点灯化工作が出来ました。

ほぼ、完成なんですけど、仕上げをしたら
また報告するつもりです。

では。

2011年8月30日 (火)

【車両工作】鉄コレ小田急キハ5000形Nゲージ化(その7)

こんにちは。

T車も後灯点灯化実施しましたので、
報告です。

画像が全般的に暗くてすみません。
(露出調整を誤った・・・)

T車は割とスマートに出来たと思ってます。
まず、プラ角パイプを用意

11083001_

片端に1.2tプラ板を接着。

1.2tプラ板側に、φ1.0のファイバが通る

穴を2つドリルで貫通させておきます。

11083002_

これが、φ3.0LEDを格納する部品となります。
床下に接着します。

11083003_

φ3.0の赤LED・光ファイバを差し込んで点灯テスト

11083004_

ボディを被せて、さらに点灯テスト

11083005

ボディ側のレンズにちゃんと光が通っていれば
成功です。

デコーダからの配線を実施してから
黒ビニールテープ等々で遮光して

11083006

テープでの遮光は、一部は仮です。
エポキシパテに遮光能力がある事が分かったので、
床下を分解出来る様に最終的にはエポキシパテ
での遮光を考えてます。

11083008

こんな感じに仕上がりました。
後は、前灯と通過表示灯です。頑張ります。

では。

2011年8月27日 (土)

【車両工作】鉄コレ小田急キハ5000形Nゲージ化(その6)

こんばんは。

JAM、その他の機会でいろいろと
挨拶した皆様、工作遅くなってます。
やっと、片側の後部標識灯点灯工作
が出来たので記載します。

良い方法が思いつかなかったというのが
正直な所です。。

さて、実施したのは

2011082701

エポキシパテで床下部品の前面に
光ファイバーを通す箇所を作ります。

2011082702_

後灯の位置に、φ1.0で穴あけし
ファイバーを通す準備を行いました。

さて、車体側に加工をします。
用意したのは手持ちの銀河パーツ
N-021です。使用するのはレンズのみ
となります。

2011082703_n021_r

旧国を作る事はなさそうなので、
使用しましたが、N-065のレンズ
のみの部品が本当は適切かと・・・。

2011082704__r

嵌め込むとこんな感じになります。
レンズは長めなので、車体内部側は
カットしました。

2011082705_r

φ1.0のファイバをパテの穴に
差し込んで、瞬間接着剤で固定。
車体側のレンズがちょっと出ている分
リュータで削ってあります。

LEDは、手持ちのφ3.0赤LEDを
二つ使用して、熱収縮チューブで
覆ってます。

2011082706led_r

バーナーで炙って、収縮させてます。

2011082707_r

爪楊枝を差し込んでいる部分を
ファイバーに差し込みます。

2011082708_r

収縮チューブが光を通さないので
今後の遮光の手間がかなり省けました。

2011082709_r

点灯するとこんな感じ。

車体を搭載すると↓

2011082710

M車の後灯はこんな加工になりました。
T車も同様の加工をする予定です。

いろいろと検討して、なんとか形になりましたが
もっとスマートな方法が有ったかもしれません。。。
正直、あまり納得できてません。。。

では。

2011年8月13日 (土)

【車両工作】鉄コレ小田急キハ5000形Nゲージ化(その5)

こんばんは。

嫁、子供が実家に帰りました。
今度の週末までは、工作し放題です。

案外、何も出来ないんですよね。。。
さて、動力車のDCC化しました。

11081301_dcc

鉄コレ動力は、モーターと集電板が
開放されているので、配線を半田付け
するだけなので、簡単です。

で、早速動かしてみました。

こちらをご覧ください。

これは・・・・ディーゼルとかSLで
DCCサウンドにハマる気持ちが良くわかります!
何度も、発車と停止を繰り返してしまいました。

ここまで来たら、あとは点灯化だけですな。

では。

2011年8月 7日 (日)

【車両工作】鉄コレ小田急キハ5000形Nゲージ化(その4)

こんばんは。

休日にチョットづつですが、
工作を進めています。

2011080701

座席パーツと同じ位置に、床下パーツにも
スピーカに合わせて、穴あけしました。

2011080702

下から見ると、こんな感じです。

さて、サウンドデコーダの搭載です。

2011080703

2011080704

2011080705

現物合わせで配線してます。
セロテープで借り留めで、少々見苦しいかな?

さて、ボディと組み合わせて動作テスト。
動画なんぞアップしてみました。

いかがでしょうか?
次は、動力車のDCC化か、点灯化か・・・

では。

2011年8月 6日 (土)

【車両工作】鉄コレ小田急キハ5000形Nゲージ化(その3)

こんにちは。

青の座席パーツに下向きにスピーカを取り付ける
加工が終了してるので、報告します。

2011080601

スピーカに合わせて、穴あけするだけです。

2011080602

2011080603

あとは、床板パーツにも穴あけするのですが、
その前に、TNカプラーパーツの取付を検討。

2011080604

トミックスのパーツカタログを見て
連結器があまり前に出ないタイプを
選択しました。
型番はJC6360になります。

2011080605

手持ちの12系用と思われるパーツだと
ボディに支障する位に前に出るためです。

但し、加工が必要です。

2011080606

前向きの角がボディに支障します。

2011080607

現物合わせで、切り取ります。

2011080608

動力車に組み込むと、ちょっと浮いてるかな?

2011080609

2011080610

動力ユニットは、指定のTM-16です。
トレーラーは床板にも加工が必要です。

2011080611

床下をちょっと削ります。

2011080612

この浮き出た部分で、何の機能なんでしょうか?

2011080613

あとは先ほどと一緒です。

2011080614

動力に比べるとジャストフィットしてる
(様な気がします。)

最近の出来事。

2011080615 

CCMC例会が7/30に実施。いつも通り。。。

では。

2011年7月28日 (木)

【車両工作】鉄コレ小田急キハ5000形Nゲージ化(その2)

こんにちは。

続いて、床下の加工です。

11072801

台車のバネが当たる位置に穴あけをします。
台車を取りつけると、こんな感じ。

11072802

これで、台車が首を振ればOKです。

続いて、集電板板を銅テープで作成します。

11072803

銅テープを縦に二つ折りして両面テープで
設置します。青の座席パーツで押さえるので
少々浮いていても大丈夫。

11072804

ちゃんと導通しているか、
テスト用のLED回路点灯回路を
集電板に接続して確認します。

11072805

接触の状態を馴染ませるために、
組線路で作ったエンドレスを
この状態で、前後数時間走行させてます。

さて、サウンドデコーダの用意をします。
今回は手持ちのデジトラックスSFX-0416を
使用します。

11072806

PR2とソフトで、知り合いからもらった
spjファイルを送りこんでテストします。
(手順は、こちらを参照下さい。)

音源としては、キハ20(52)用を
もらいました。エンジンが同種なので。
タイフォンの音等は、まったく情報が無いので
そのまま使用してます。

テストでは良い音が出ました。
あとはスピーカの組み込みです。

さて、SFX-0416付属のスピーカは大きいので
Nの車体に組み込み不可能です。

11072807

上がSFX-0416付属品。下は、確かモデルランド田中
で買った小型スピーカ。
インピーダンスが8Ωで同一なので、これを
使用します。

音が出る穴を車両に用意するのですが・・・・
青の座席パーツに下向きにスピーカを取りつけて
車体をエンクロージャで想定してます。

青の座席パーツの中心部分を削って

11072808

1mm厚のプラ板を接着しました。

11072809

ここにスピーカを組み込む穴をあける予定です。
ここまでで、とりあえず時間切れ。

今週末のCCMC例会には間に合いそうにありません。

では。

2011年7月25日 (月)

【車両工作】鉄コレ小田急キハ5000形Nゲージ化(その1)

おはようございます。

テレビのアナログ放送が停波して一夜あけましたね。
あっけないもんです。裏では面倒な話がいろいろと
ありましたが・・・

さて、忙しくて、模型にまで手が回ってません。
JNMAも銀座の模型ショウも欠席。。。。
JAMは某クラブ(CCMCでは無い。)のお手伝いに
行きますけど、準備の日だけ出席になるかもしれません。

そうは言っても、(一応)小田急好きなので入手しました。
電鉄販売の小田急キハ5000形。

110725kiha01

実車を全く知りません。強いて言うなら、
初のディーゼルカー。DCC化して、
サウンド化したら面白そう・・・って事で
手を入れ始めました。

さて、車両は良い出来です。

110725kiha02

いろいろと言う人もいるみたいですけど、、、、
(某掲示板あたりで・・・良く知りません。)

110725kiha03

ちょいと細いかな?

真鍮キット組むとか、関東鉄道キハから
切り継ぐ事を考えれば、
あの値段で万々歳では?と思います。

ところで、実車を知らないので
向きとかが良く分かりません。

鉄道ピクトリアルの小田急特集を熟読して、
ボディはジャンパ栓受ありが新宿寄り。
車内もトイレは新宿寄り設置。
床下は、山側・海側同一構成。

って所までは判明しました。

御殿場寄りを5001形(サウンド)
新宿寄りを5002形(動力)としました。

さて、5001形は集電加工をする必要があります。
いつもの加工を実施します。

まずは、台車に穴あけして

110725kiha04

トミックスの集電板を取りつけます。

110725kiha05

穴はバネを通します。

110725kiha06

台車側の加工はこれで終了。
次は、床下の加工です。
時間が取れたら、実施予定。

では。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ

DCC技術参考リンク