2017年7月 9日 (日)

【OER7000】Tomix小田急7000形LSE DCC加工等(その5)

おはようございます。

さて、告知です。

Dcc

Dcc_2

閑話休題。

さて、最終回。
ヘッドサインの点灯です。

Photo

チップの白色サイド点灯LEDで
ヘッドサイン点灯部を作成して

Photo_2

ブリッジダイオードの厚みを
床板へ逃がして取り付けました。

そして、点灯テスト。

Photo_3

前部標識灯。(ヘッドライト)

Photo_4

後部標識灯。(テールライト)

てな感じです。正面から撮影すると
LEDの光で飛んでしまうので
ちゃんとした点灯状態の撮影が
出来てません。。。すみません。

肉眼で見ると、バッチシなんですが・・・
各種仕上げも実施済みで、出場しました。

さて、午後移動で出張に行ってきます。


2017年7月 8日 (土)

【OER7000】Tomix小田急7000形LSE DCC加工等(その4)

こんにちは。

告知です。
当日までの記事には記載します。
しつこくてすみません。

Dcc

Dcc_2

ここで紹介した車輌達も持ち込んで
走行させる事もあるかと思います。
どんな内容を紹介したら良いか等々
リクエストいただければ幸いです。

さて、やっと先頭車のライト点灯部
加工に入りました。
何個か試作のライトユニットを駄目に
して、有りモノ使用を選択しました。

Photo

モデルシーダーのMC205Dです。
ゴム系接着剤(透明)を使用して
ライトの透明部品に接着します。

Photo_2

点灯テスト

Photo_3

前部標識灯。(ヘッドライト)

Photo_4

後部標識灯。(テールライト)

車輌に取り付けてのテスト

Photo_5

遮光やヘッドサイン部の点灯を
検討しながら、点灯状態に
自己満足しています。

2017年7月 4日 (火)

【OER7000】Tomix小田急7000形LSE DCC加工等(その3)

こんばんは。

まずは告知です。

Dcc

Dcc_2


こちらで紹介した車輌も持ち込んで
紹介する事もあるかもしれません。

さて、

7604+7504+7404(M車)
  ←7304+7204

←:分離可能。通電加工実施。

の部分の加工です。

7404(M車)側ですが、

1

ポリイミドテープで絶縁した上に
銅テープで接点を用意し

7303側には

Img_4790

φ0.4燐青銅線を使用して接点を
用意し、接触を調整します。

結果

Img_4795

手前2車体には、集電バネが
まだ入っていない状態ですが、
室内灯は問題無く点灯しています。

あとは先頭車の点灯加工して出場か。

2017年7月 3日 (月)

【OER7000】Tomix小田急7000形LSE DCC加工等(その2)

こんばんは。

まずは、備忘録。。。

床下機器:ジャーマングレー(40)
     フラットベース(30)

台車・屋上機器関連・パンタグラフ
    :明灰色(35)
     フラットベース(30)

サウンドデコーダ:SDN136PS
アドレス:3108

さて、DCC化加工実施します。
動力車分解

Photo

そして、搭載終了。
途中経過の撮影を失念しました。。。

Photo_2

座席部分を削って、ちょっとは
デコーダ・配線を入れてますけど
目立ちますね。。。

今回の通電引き通しは
7604+7504+7404(M車)なので
スピーカとコンデンサは7504へ
搭載しました。

Photo_3

これで、室内灯のチラつきも無く
慣らし運転でも安定した走行状態。

来週から出張が決まったので、
平日と土日で何とか形にしたいと
考えています。

2017年7月 2日 (日)

【OER7000】Tomix小田急7000形LSE DCC加工等(その1)

おはようございます。

ロマンスカーのサウンド化を
もう1編成追加すべく工作を開始しました。
前回出場のHiSE10000形工作記事も参照下さい。

まずは、車輌ケース加工。

Photo

今回も、分離不可となりますが、
通電加工を実施します。

小田原方より
7804+7704+7154

7604+7504+7404(M車)
  ←7304+7204

7054+7104+7004
新宿方

と車両を3群に分けます。

+:永久連結。通電加工実施。
←:分離可能。通電加工実施。

今回は、分離可能部は一箇所としました。
調整が大変なので。。。

今回の方針:通電引き通し
      DCCサウンド搭載
      前面ライト点灯状況改善
      室内灯取り付け
      展望室室内点灯化

 HiSE工作時と同様のレベルを目指す。

部品の在庫を確認すると、室内灯は
illumiの狭幅が6本・TOMIXのジャンク5本
出てきました。ジャンクはLED化が必要ですが、
在庫処分のために使用します。

Photo_2

まずはDCCでの走行可能状態にすべく、

Img_4785

分解を開始します。
工作内容紹介は次回以降に記載します。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ

DCC技術参考リンク