2014年11月15日 (土)

【地面】背景画の設置を試行

こんばんは。

ハンズに行って、こんなモノを買いました。

1_

糊シート付きの5mm厚スチレンボードです。
これに、自分で撮影した多摩川の遠景画像を
トリミングして貼付けます。

2_

PCも、プリンタも性能が上がって、この手の
作業が楽になりました。

3_

ボードに設置して出来上がり。
本日は、アナログ運転でSE車とHE車を運転。

4_

5_

6_

7_

背景設置すると、背景に部屋が写りこまない
アングルが取れるので、撮影が楽しくなります。
(撮影が上手かどうかは、別の問題。。。。)

ヤードと、山岳地帯にも順次設置予定。

では。

2014年10月13日 (月)

【地面】ヤードモジュールバラスト撒布他 その6

こんばんは。

さて、最終回。詰所製作中。

Photo

屋根はストーン調スプレーで防水のアスファルトを
表現してみました。

Photo_2

あと、室内灯は余らせていたRMMの付録です。

Photo_3

で、出来上がり。

Photo_4

Photo_5

さて、作ったは良いですが、収納も考えないと。。

Photo_6

100円ショップで買った、プラケースに仕切りを
入れて、収納。

Photo_7

運転会への運搬も万全?です。
次の製作のために、部屋を片付けなきゃです。

あと、保線の方々向けのバンとかワゴンとか
買おうかな?って思う今日この頃。
軌陸車って、売ってるんですかね?
(KATOのJR東プロボックスだけ購入済。)

では。


2014年10月12日 (日)

【地面】ヤードモジュールバラスト撒布他 その5

おはようございます。

信号扱所については、適当に空間を埋めるために

Photo

なぜか持ってた変圧柱キットを作って、

Photo_2

出来上がり。キュービクルも置いてみました。

Photo_3

基本は、機能車両留置機能がメインのモジュールなんで
ストラクチャはあっさりと。。。。

Photo_4

トーマスでもやって来る雰囲気?

さて、反対側の空きスペースは、
詰所を設置します。

Photo_5

これから作ります。

あと、建物を作るに際して、検討してると
どうにも足りない要素があります。。。

Photo_6

そう、空調の室外機。これが無い建物って
ほぼ存在しないのでは?(関東では。)

あと、検討しながら、

Photo_7

Photo_8

リレーボックスをボチボチ作ってました。
適当に置いて、役立つアイテムですね。

では。

2014年10月 1日 (水)

【地面】ヤードモジュールバラスト撒布他 その4

こんばんは。

さて、空いたスペースに適当にストラクチャを
置いて、それらしくします。

まずは、信号場。
その2で、記述していたペーパーキットですが、

Photo_3

こちらを参照に、夕庵式と称される室内灯を
参考に室内点灯化しました。

Photo_4

Photo_5

取り外しできる様に地面を用意しておいて
(t1.2のプラ板。1mm角のプラ棒で位置決め出来る。)
こちらに、建物固定します。

Photo_6

Photo_7
ちなみに、配線はコネクタ化してあります。

さて、地面はストーン調スプレーでザラザラを表現しました。

Photo_8

今日の報告は、ここまで。

では。

2014年9月28日 (日)

【地面】ヤードモジュールバラスト撒布他 その3

こんばんは。

資格受験と人減らしの余波を受けた業務増で忙しくて
模型工作が滞っておりました。。。

どこまでやったんでしたっけ?

Photo

そうそう、トラフの配置が終わったので
バラスト撒布と固定をしました。

Photo_2

トラフの固定で、こういう中途半端な空間の
処理でずっと悩んだりしてたんですけど。。。

Photo_3

面倒になって、エイや!で、適当にトラフを配置
してしまいました。
要は完成が目標って事を思い出したんですね。。。

Photo_4

Photo_5

なるべく、なだらかに無理な段差が無い様に
固定したつもりです。

ここまで来たら、レールの塗装をします。
ミッチャクロンと艶消しトップコートを
まず吹きました。

下地が出来たら、タミヤのアクリル塗料
XF-64レッドブラウンを吹きます。
留置線部分と分岐器をメインに吹き付けます。
本線はマスキングしてレールのみ吹き付けました。

Photo_6

乾いたら、XF-1フラットブラックを分岐器部分のオイル汚れの
表現で吹きました。

Photo_7

Photo_8

乾燥後に、ツールウォッシュを染み込ませた麺棒で
レール上面の塗料をふき取ってから、動作と試運転を
実施し、問題ない事を確認して、一安心。

Photo_9

レール面より下に来る部分の工作はこれで終了。
空いてるスペースに、ちょっとストラクチャ工作して
終わるのか?

では。

2014年7月23日 (水)

【地面】ヤードモジュールバラスト撒布他 その2

こんばんは。

さて、スチレンボードの下地は白過ぎるので
バラストを撒く前に、色を乗せておきます。

09_

10_

トラフが設置出来た時点で、バラスト撒きに入るかと。

さて、建物の設置を考えてます。
ヤードで、本線があるから、「信号場」って事に
なると(参考文献は鉄道ピクトリアル No.882)
思われます。

って事は、近くの駅から遠隔制御・・・では面白く無いので
信号扱い所と詰所位は置くのが定石ですね。
で、信号扱い所ですが、Amazonで”信号所”って検索したら
模型電子部品ショップ MSR”ってお店扱いの
ペーパーキットを発見。


11_

こんなのです。

って事で組み立て開始。
何となく、洋風のストラクチャですが、看板とかで
和風テイストを出したいと思いつつ、組み立てます。

12_

切り口はガンダムマーカーでタッチアップしながら

13_

速効アクリアって接着剤で組み立てます。
これは、”さんけい”の「みにちゅああーと」
シリーズで、推奨の接着剤です。
使い勝手が良くて、気に入ってます。

14_

15_

窓が大きいので、電子連動操作盤風の
室内なんぞ作ってみました。

明かりを付けたら、良い感じになりますかね??

では。

2014年7月 5日 (土)

【地面】ヤードモジュールバラスト撒布他 その1

こんばんは。

湿気が多い季節になったので、車両はボチボチで
地面でもと考えて、長年の懸案だった
自分用のリモコンヤードバラスト撒布準備を開始しました。

とりあえず、工作部屋の台の上にセット。

01_

バラスト撒くまでが、例によって長い道のりに
なるかと思います。なんせ、考えている時間が
長いので。。。

02_

バラストをまんま撒くと、勿体無いかなと思って
(あと、軽量化も考えると。。。)

03_

薄いスチレンボードを用意して
(手持ちで1mm厚、2mm厚、3mm厚があった。)

04_

05_

線路間を埋めました。
また、様々資料を読んでみて、通路兼通信ケーブル用の
トラフを設置しました。(途中ですが・・・)

06_

07_

08_

建物関連もちょいとは置くつもりですが、
すべては検討中の状態での開始です。

今夜も、参考資料探しで終わるかも。。。

では。

2013年3月 4日 (月)

【地面ネタ】最近の活動報告。。。

こんばんは。
更新が滞っています。理由は、小ネタしかないため。
小ネタが集積したので、軽く報告。
まずは、ヤードの延長300mmボード製作。
 

01

自分用ヤードを1200mm2枚で作ったため
CCMC(千葉中央鉄道模型クラブ)例会時に
ちょいと足りない。。。。
(クラブ規格が900mm倍数なので)
延長ボードを作りました。
手持ちのユニトラックを切り継いで、
両端50mm分空けて配置。
線路は艶消しレッドブラウンで塗装。
(下地はミッチャクロン。)
 

02

延長ボード製作で力尽きて、1200ボードの
バラスト撒布はいつになることやら。。。
 

03

 

04

両端もこのクオリティで仕上げなきゃ。。。
(登場頂いたクモヤ145は、20年位前製作品。すぐ出たので。。。)
さて、継続中案件。
 

05

新規の1200mmボード製作のために、試しに
組んでます。フローベルデのペーパーキット。
 

06

毎日、ちょっとパーツを切り出して、接着しての
繰り返し。かれこれ2週間弱ほどポチポチと
進捗中。
 

07

道具は、これだけ。
大きいから、夕食後のダイニングテーブルで
ラジオ聞きながら、寝る前にちょっと作業してます。
 

08

もうちょっと、進捗してますけど、内側になる部分の
塗装もしつつ。。。
さて、次。
 

09

コスミックRMのパワーパックのキットなんぞ
購入して、組みました。
 

10

すぐに、出来上がり。簡単。
ケース加工が一番時間がかかったかも。
これは、小型車両運転用に、気軽に使います。
で、次のネタは。。。。
11
TG電子工房のコントローラキット。
まだ、製作してませんが、眺めてます。
12
また、往復運転+ギミックのレイアウトの
製作をボンヤリと、本当にボンヤリ考え中。
では。

2012年10月17日 (水)

【地面】近日(?)報告します。

こんにちは。

ご無沙汰しております。

ちょいと、仕事がバタバタしてて、更新が滞っておりました。

CCMCの例会にも公開運転にも行けてません。。。。

20121016


で、ちょっとづつですが、基本は自分用

(例会での使用も可能)

にヤードを作っております。

以前作った、赤外線制御を取り入れてみる予定。

自分的には、使い勝手が良いシステムと

思うので、ボチボチ解説します。

では。

2012年9月23日 (日)

【地面】テスト線路更新

こんばんは。

ご無沙汰しております。少々忙しいというか
バタバタしているので、模型活動低調気味です。

何となくですが、走らせて眺めたい・・・
って素直に思う事が多かったので、

テスト線路

Photo


の更新を決断しました。
(画像は以前撮影したモノです。)

まずは、線路を剥がしました。

Photo_2

Photo_3

今回は、眺める事優先で細工をしてます。
ヤザキのイレクターパイプ用部品を取り付けて
視点を高くしてみました。

Photo_4


Photo_5

線路は、WR480/447をアプローチに

Photo_6

WR414/381をカント部カーブとした
緩和曲線風のU字配線としてます。

Photo_7

正直、大したネタじゃないですね。すみません。
出来たカーブは、以前製作した1200mmボードと

Photo_8

Photo_9

新規購入の1200mmボードと組み合わせて
(ヤードを作る予定。)

Photo_10

こんな風になります。
設置がダイニングテーブルの使用と干渉しなくなったので
家族への迷惑が減ったというのが、一番のメリットかと。。

走行風景を2つほど・・・

Photo_15

今回は、ボケっと眺めてました。

Photo_14

(自分的には)当たり前の風景だったんですけど
今となっては、遠い風景ですね。
3100形と5000形・・・。

では。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ

DCC技術参考リンク