2011年4月 7日 (木)

【車両工作】GM小田急1000形製作(その6)

こんにちは。

車両工作終了しましたので、御報告。
正確に言うと、新宿方先頭車の
1050形以外の工作終了です。

11040701

タヴァサのPT1417ワイパーパーツを取付ました。
精密感がアップしてます。

11040702

11040703

パンタ回りの色差しは、他の車両と一緒に
実施するので、現状は未実施です。
貫通扉はテキトウなクリーム色を筆塗りしてます。

台車は、既に記載しておりますが、
マイクロエース5000形用FS-375を使用してます。

11040704

両抱ブレーキになって、GM台車より重い感じに
なりました。自分的には、成功です。

さて、新宿側先頭車1050形は

11040706_1050

という状態です。今後、点灯化を実施します。
次回以降は、電子工作(車両関連)カテゴリとして
点灯化を報告します。

では。

2011年4月 4日 (月)

【車両工作】GM小田急1000形製作(その5)

おはようございます。

先週いっぱい、嫁・子供が実家に帰っていたので
毎日1~2時間程の工作時間が取れました。

結構進んだので、御報告。

さて、前回記事で台車ボルスタ左右に開いた穴ですが
集電用の加工と記載しましたが

110329_10

ドリルで数個穴あけをして、ルータで削りながら
穴を繋げて、広げて・・・・

110329_11

画像の状態で、台車がちゃんと首を振る状態に
まで加工しました。
ちなみに、画像は運転室側。

110329_12

貫通ドア側も同様の加工を実施。

今回は、マイクロエース製台車の機構を使用したので
この様な方法をとっています。
通常のGM台車を使用される場合の集電加工は
こちらを参照下さい。

さて、他の小加工も御報告。
クーラーは、いつもガルグレーで塗装してますが
ガソリン車用の水抜き(イソプロピルアルコール)
で色落とししてからの塗装実施としました。

110329_14

台車も塗装してます。
下地はミッチャクロン使用。

110404_17

塗装済みキットなんですけど、艶消しで
塗装をしておくと落ち着くので。。。

参考に、何を使ってるかというと

屋根板・台車→ニュートラルグレー

スカート・パンタ・屋上機器
    →明灰色

床下機器→ジャーマングレー

※全て、クレオスのアクリル塗料。
 フラットベースで艶消し化済。

この辺は好みなのですが、
屋根は濃いグレーとして、機器を明るいグレー
とすると、上から見た際に綺麗かな?って
思ってます。

また、床下は真っ黒とするよりは
黒に近いグレーで艶消しの方が
「汚れた」感じで「汚く無い」と
個人的に思ってます。

では。

2011年3月29日 (火)

【車両工作】GM小田急1000形製作(その4)

こんにちは。

相変わらずのスローペースですが・・・・

110329_01

屋根をニュートラルグレーで塗装して
アンテナをミディアムブルーで筆塗りして
組立しました。

110329_02

この辺は、特に工夫した事は無いです。
1000形キットは、板キットとしては
新しい方なので合いは悪く無いです。
接着剤を筆塗りしてはみ出さない様に
注意する位。

床下は、実車資料を見ながら
手持ちの床下部品からテキトウに並べました。
元々、1000形用の床下機器なので、
M車はごく一部の箱だけ交換しました。

110329_04

1150(4輌小田原方先頭車)は、テキトウに
箱を何個か追加

110329_06

床下については、先頭車のTNカプラ―化も実施しました。

110329_08tn1

画像の赤線の位置まで、削ります。

110329_10

穴明けは、集電のためです、別途解説します。
削りの結果はこんな感じ。

110329_09tn2

カプラ―を取りつけて。

110329_05

位置を確認。スカートは、小田急電鉄で部品販売した
マイクロエース5000形用です。なかなか良い雰囲気。

で、TNカプラ―を固定する部分を製作。

110329_07

手持ちで1mmプラ丸棒が有ったので、

110329_15tn4

削って、上の様な状態にしながら接着。
まずは流し込み用プラ接着剤で固定して。
固まったらプラ棒を切断、位置決め用の
カプラ―を外して、瞬間接着剤で固めます。

110329_16tn5

出来上がり。
これで、パーツを接着せずに取り外せます。

さて、台車のボルスタ両端にある穴が
気になる方がおられると(いるのか?)
思いますが、次回記事は集電部分の床下
加工を記載する予定です。

では。

2011年3月21日 (月)

【車両工作】GM小田急1000形製作(その3)

こんばんは。

3連休で、天気も悪いしで、今日は
チマチマと窓ガラス貼りをしておりました。

さて、小田急製作の頂点におられる方の
サイトブログでも紹介されていた
IROMIZUを入手しました。
(東急ハンズの渋谷店で購入。)

110321iromizu
購入したのは色調35、透過率25%のシート。
青色で緑寄りの色調で、薄めを選択。
小田急車独特の、戸袋窓のブルーガラスを
これにて表現。

1103211

110321

いかがでしょうか?
パッと見、良く分かりませんけど、自己満足。

今日の進捗としては、

110321_2
床下を止めるロック部分をプラ板(0.5t)を
接着して加工。

あと、前面の加工を開始しました。
増結4輌なので、新宿寄り先頭車のみですが
ライト点灯化準備加工です。

110321_3

110321_4

LED、回路の実装は箱にしてから考える
予定です。機構設計の素質が全く無いみたいで
板の状態では基盤設計が思い浮かばないです。。。

では。

2011年3月20日 (日)

【車両工作】GM小田急1000形製作(その2)

こんにちは。

スローペースで低速進行中の
1000形・8000形製作ですが
定石と違う手順で実施中です。

通常は、最後に実施するステッカーと
インレタ貼りをボディ工作の最初に
実施してクリアを吹きました。

110318

これは、ガラスを貼ってから組み立てを
行う事を意図したためです。
ガラス貼りって案外面倒ですからね。。
(自分だけ?)

あまり技巧的に皆様の参考になる事は少ないかと
思うのですが・・・・

ステッカー・インレタの切り出しには

110319

110319_2

を使用してます。
これは、予備校時代の友人にして西武の神、
ヤマシタ氏のサイトで紹介されていたので
それ以降愛用してます。
刃先が見やすくて、普通のカッターより使いやすいです。

クリアを吹いた後、戸当りゴム部分に黒を
入れました。

110319_3

110319_4

これは、以前に秋葉のクロスポイントで購入した
スミ入れペンを使用してます。京急2100製作時にも
紹介したかな?

110319_6

有名サイト”とまれみよ”の工場長も最近紹介を
してました。
(いつも参考にしております。m(_ _)m感謝です。)

さて、昨年40歳になってしまった身に
Nゲージ工作は目が辛くなってまいりました。

110319_7

田宮のヘッドルーペ
を最近は愛用しております。
これは、模型の花道というサイトで紹介
されておりました。
技巧で迷った際にこちらのサイトは結構
参考にしてます。基本が出来てないので・・・

さて、本日時点で8000形は側灯に爪楊枝で
色入れして、1000形は窓ガラス貼り中。

LED点灯化等々の工作に辿り着くのは
いつの日になるのか?

では。

2011年3月 3日 (木)

【車両工作】GM小田急1000形製作(その1)

おはようございます。

久々に、電車製作開始しました。
小田急8000形塗装済みキット製作と同時進行で、
小田急1000形塗装済みキットを作ろうかなと・・・・

110303

手持ちの3000形1次車の後4輌にするつもりです。
3000形の1次車って窓が多いので、1000形との10輌って
側面がゴチャゴチャしてて面白い・・・と実車を見て
思ってしまったので。。。

さて、今回の製作目標ですが・・・

①当然、LEDによる点灯化・DCC化。

②動力は3000形(DCC化済)に入ってるので、全T車として出場。

③小田急電鉄で5000形用として部品販売したFS375を使用する。

これまで作った小田急車(GMキットベース)でアルストムリンク台車は
GMの小田急FS台車を流用していたのですが・・・・

110303_5_gm_fs516

これは、FS516系統がモデルの様で、8000形には良いのですが
1000形のFS534系統にはあんまり似てない様な気がしてたので

110303_6__fs375

元々5000形用のFS375を履かせるとブレーキも両抱でシリンダーも
二つ付いて、良い感じ・・・・になるのでは?と考えてます。

厳密に言うと、FS375ベースで、ボルスタアンカをFS516から移植すると
完璧なんですが、走っちゃえば分からない!を合言葉に進めます。

さて、GMキットの床下を用意

110303_1gm

GM台車用のボルスタを削り取ります。

110303_2

0.5tのプラ板6.5mm×10mmをプラ用接着剤で接着し

110303_3

Φ4.5の穴あけをして

Φ4.5相当のプラ円柱を差し込んで

110303_4

出来上がりです。小田急電鉄で部品販売したFS375は
本当に台車枠だけなので、車輪・集電板・タッピングビスは
中古屋で、部品取り用にボチボチ買っていたマイクロエースの
テキトウなジャンク車両から流用しました。

110303_7

これを4輌分、8箇所実施せねば・・・・

110303_8

と、スローペースで低速進行中です。

110303_9

なかなか良い感じに仕上がってます。。。

では。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

CCMCメンバーブログ

DCC技術参考リンク